- 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前を自分を振り返る-間違った成功体験-#2

ども♫たつのおとしごです!

「以前の自分を振り返る」という事で、昨日はその続きを書こうとしてましたが忘れてました(^^;)

えーと、ナンピン・塩漬け容認の手法でハイスピードで資産を増やしたという所で終わってましたね。

間違った形で資産を築いたものは、いつか崩れ去るものです。

2010年の震災ショックで見事やられてしまいました。

忘れもしません。

震災から1週間ほどでしょうか。

ドル円が史上最安値を更新しました。

夜寝る前だったので、安売りを買う感覚で2万通貨ほどロングを入れ、

事もあろうに、逆指値もつけないでそのまま床についてしまったのです。

あくる朝、数万円を残して、口座はマージンコール。

甘酸っぱい思い出です(笑)

----------------------------------------------------------------

当時の手法といえば、逆張りばっかりしてましたね。

オーバーシュートからの反転を狙ったやり方で、今から考えれば安易だったなあと思います。

逆張りは確かに楽に取れる事は多く、勝率も高いのでタイミング合えば資産も増やしやすいのですが、トータルで見ると手法としての優位性は薄れるといったところでしょう。

やはりトレンドフォローを基本として手法を構築しないと、継続した利益を得るのは厳しいんじゃないかと。。

確かに、トレンドフォローで負ける所といえばレンジ相場のところだから、そこに逆張り戦略を投入していけば最強ではないかと考えた頃はあります。

が、逆張り戦略自体優位性に乏しいので、結局有効なトレードルールを構築する事が難しく感じます。

--------------------------------------------------------------

今の手法は完全なトレンドフォローです。

それしかしません。

というか、逆張りで有効な戦略が考えられないんですわ。



トレンドフォローがちゃんとできるようになりたいとは、よく聞く声です。

あなたも、長谷川式を通じて、トレンドフォローの名手になってみませんか!?

それでは今日はこの辺で。。。

以前の自分を振り返る -間違った成功体験-

ども♫ たつのおとしごです!

以前の自分を振り返る。

私の子供の頃は・・・

なんて話は聞きたい方なんていないでしょう(笑)

トレードの話ですね。

FX始めたての当初はろくに注文方法もろくに知らずにいきなりリアル取引という自殺行為をやっていました(^^;)

まるで訳が分かってない中で、それではお話にならないという事で、何やらカジュアルで良さげな商材があったので買ってみた。

「恋スキャ」です。

空前の大ヒット商品みたいですね!

何も分からない自分は、この商材の言われる通りやって、一人前の分析をしてるみたいに気になっていたのかも知れません。

やがて、この商材にかかれている通りにやってもなかなか厳しかったので、恋スキャルールにライントレードを加えた手法を試すようになり、そのスタイルはそこそこ手応えはあった訳です。

その頃の目標は、

「1日2%増やす」

というものだったが、今から考えればナンセンスな話であります。

1日というド短期において結果を求めるような目標はむしろ立てない方がいいでしょう。

目標不達成の日があるとどうしても焦ってしまうからです。

その焦りが幸か不幸か、損切りしたくないの一心で、ナンピン・塩漬けを利用しながらのトレードで、グングンと資産を増やして行きました。

かなりのハイパフォーマンスでした。

間違った成功体験だったなと、今となっては思います。

その後・・・

は、また明日にでも書きます!

それでは今日はこの辺で・・・!

トレードの勝ち負けはほんの僅か差

ども♪たつのおとしごです!

マイブログ、FC2版の更新がいつの間にか滞ってました(^^;)

アメブロではコツコツ更新してますが。。

これからはこちらへの転記も怠らないようにしたいと思います(笑)

----------------------------------------------------------------


さて、今日のタイトル、「トレードの勝ち負けはほんの僅かな差」という事ですが、

これはどう言う意味かと。。

まあ言い出せば深いですが。

売買サインが出てエントリー。設定したリミット、ストップにかかるまで運命を待つ訳ですが、そのプロセスには実に様々なドラマがあります。

様々なドラマ・・・

それは、ランダムに分布された勝敗の行方に淡々と付き合うことができる、いわばメンタルセットができているトレーダーが垣間見る現象であります。

身につけるべき価値観がまだ出来ていない人は、そのドラマの悪いシーンだけをタイミングよく拾ってしまう傾向にあるのです。

--------------------------------------------------------

高値掴みロングや底値ショート、ヒゲで惜しくも刈られ、その後思惑通りに相場が進んでいったり、思い出すのも嫌な位の連敗といった、嫌な場面は誰しもが経験する所ではありますが、その逆の天井で利確できたり、大きい利益幅での連勝と言った美味しい経験の記憶はあまり残っていないものです。

そういった、「自分がトレードするときに限って逆に動く」とかいうまさに錯覚とも言える負の価値観の形成こそがランダムに分布するはずの勝敗を自ら負けだらけのトレードにさせるものなのですが、それは「トレードと人間心理における普遍性と言った所なので、至極仕方のない事であります。

そこを解消するにはどうしたらいいのか。

--------------------------------------------------

かなり有効な手段があります。

それは、「優位性のあるシステムトレード手法を身につける」事にあります。

システムトレードというのは、チャート上のインジケーター類の数値のみで判断していくトレード法で、自動売買も可能な手法です。

システムトレードは裁量と違い、迷いなく判断ができるという利点があります。

そこは実に大きいメリットですね。

そこでの重要ポイントは、その使用するシステムトレードが優位性を証明できているかどうかという点のみであると言えましょう。

そこは過去検証という重要なプロセスであり、その過去検証を通じて自ら優位性を確認していく事がまさに重要なんです。

そうやってメンタルは向上され、トレーダーとしての気づきを深めていく訳で、そのステージに立って初めて、確率統計論に基づいたランダムな勝敗の分布が再現される訳です。

--------------------------------------------------

価値観未完成の内は嫌な経験を受けるばかりで、美味しい経験があまりない。

恐怖心に常に支配されているので、美味しい経験を受けるまで待つことができない。

負けは受け入れるしかないが、しっかり勝ちきるところまで我慢する事ができないので、それでは確率論という重要な部分の普遍性も再現できていないということになります。

価値観をしっかりと身に付け、確率論と対峙できる段階に到達すれば、1トレードにおける勝敗の差は実に僅かな差である事を実感できるのです。

サインが出るのがローソク足1本遅いか早いかで勝敗が別れることはザラである。その中で、サインが早いからいいという問題でもない中で、やはり言えるのは、「1トレードの勝敗の行方はどうだっていいと思うべきだということです。

要はトータルでの勝算があるかどうか。。

トータルというのも尺度は様々なんですけどね・・・

うーん、ホントに深い~トレード理論です(笑)

-----------------------------------------------------------

執筆する商材には私が捉えているトレード論の隅々まで書くつもりです。

テクニック面の解説のみといった薄っぺらい商材にはしない様にしたいですね~

それでは今日はこの辺で・・・!

全てがマニュアル化されている素晴らしさ

ども!たつのおとしごです!

今、かつて同じ師匠の下で裁量トレードの修行に励んでいた門下仲間の方をレッスンしています(笑)

その人は、当時、かなりの才能を発揮され、バコバコに取っていた敏腕トレーダーさんでした。

でも今は張り付きのトレードをする時間が取れなくなり、僕のゆったりスタイルのトレード法が知りたいという事で、レクチャーをさせて頂いてます。

トレードマニュアルを事前に目を通していただき、そこ1時間程でトレード法は大方理解OKですww

ホント、シンプルルールなので、そもそも、これが分からないなんて方はそういません(^^;)

「本当に分かりやすくていい」

って言ってましたが、

「分かりやすい」=「迷いがない」

という最強のトレード概念なんだと思っています。

------------------------------------------------------------------

でも、悩みなきトレードができるようになるには、やはりメンタル的な訓練が必要になります。

裁量判断での操作が皆無であるということは、トレードルール以外の動きは一切しないという事です。

例えば、スイングで第1利確目標が100Pであれば、そこに達するまで何があっても裁量での決済はなしです。

目標レートに達するまで、実に色んな動きを見せる訳ですよ。

その中で、90Pまで達したけど反落して損切りとかも有り得るわけです。

普通ならそんな事は耐えられない訳です。

でも私は、残念は気持ちこそあれど、受け入れます。

今まで何回もそういう事をしてきたし、それでも、優位性が高いロジックであるという事を完全に理解しているからこそ、しっかり利確も出来るわけであるからですね。

やはり、メンタルは大事ですよね~

------------------------------------------------------------

そもそも、色んなFX系の商材を見てたら、本当に詰めの甘いものばかりですね。

それがまたそこそこ高額なんだから(^^;)

例えば、とある商材のセールスレターでこういう文言が入ってました。


「利確は各個人がこれでいいという範囲で結構です」


はい??


そんなんじゃ継続的に勝てないですよ~ww



トレードにリスクリワードの概念はとても重要なんです。

「この位でいいかな?」

程度では感覚的すぎますね。。


どの位リスクを取るから、利確はこれだけ必要であるとか、

損切り、利確にも、筋の通った理屈がないとトレードも長続きしないんですね。

そこに何が必要かというとやはり過去シミュレートです。

過去の優位性が認められているからこそ、メンタルも強くなれるのであり、

そこに、厳正な決済プランが存在するのであります。


と、私はそう、全てにおいて厳正な決め事をするスタイルとしてやっているだけですが、A~Zまで、マニュアル化されているからこその誰でも出来るトレード法なのだと自負しています^^

エントリー法、決済法、資金管理、重要要素全てにマニュアルがあります。

そのような明確なマニュアルがあってこそ、メンタルを強化できるというものです。

全ての理屈はつながっています。

それが分かった時には気持ちいですよ^^


それでは今日はこの辺で・・・

レンジレンジ

レンジな週明け相場ですね~

こんな時でも長期時間軸トレードではただ静観です。

静観というかサインが出てないだけですが~

しばらくは出ない感じかな??

サインが出たら入る、利確できたら利確。ダメならストップに引っかかる。

何も考えない。

何も考えず、ただ繰り返し、気がついたら利益が残る。

そんな、理想的なトレードをやっているつもりです^^

莫大なPIPSを取るだけが価値じゃありませんよ。

それぞれの生活スタイルに対応しないとダメですしね~

ちょこっとコラム的な記事になりましたw

ではまたー!
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。