トレードできる時間と成績は関係あるのか。 - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレードできる時間と成績は関係あるのか。

ども!たつのおとしごです。

よく話題にされる議論ですが、

「トレードできる時間とトレード成績って関係あるのか」

という問題。

僕は、

「関係大あり」

と見ます。

巷の情報商材の類で、

「空いた時間でパパッと稼ぐ」

みたいなめっちゃカジュアルなキャッチで売ってるものがありますが、

(商品は知る人ぞ分かりますね!)

私はFXはそんなに甘くないと思いますよ。

チャート監視できる時間が極端に少ないと、明らかに不利でしょうね。

空いた時間にパパッと稼ぐ事に的を絞っていたらその分パパッとなくなっていくリスクも高いでしょう(^^;) コツコツドカンになりやすい。経験済みです。

(うーん、これって営業妨害??ww あくまで私見です!)

相場からATMみたいにいくらでも現金抜き取れるとか、そういうのを望んでいる人がいれば、
FXはやめた方がいいでしょう。

そういう人、仮にいたとしても、容易に真似なんてできませんからね。

いつでも抜き取れるという幻想でトレード=持ってかれる可能性が大

これって今の僕の答えです。FXは待つのが仕事ですよ。やっぱり。

そんなチャンスがゴロゴロしている事自体、おかしいですから。

あくまで私見ですが。

-----------------------------------------------------------------------

さてさて、例えば、長期時間軸のトレンドラインのみに限定して、ごく少ないチャンスのみに勝負するという方法も優位性は高いですが、そのやってくるチャンスがトレードできない時間帯にやってくれば意味がないですね。

やはりなんと言っても長期の流れが大事であり、優位性あるポイントがどこの時間帯にもゴロゴロしているとか、到底思えないんです。

でも、トレード時間を多く確保しても、無駄打ちばっかりしても絶対厳しいでしょう。

やはり、チャート監視可能時間は多く確保しておきながらも、少ないチャンスに的を絞ってそこだけしかトレードしないというのが理想的な様な気がします。

無駄打ち一切なし。例えば起きている間中は仕事しながらでもチャートをチェックできる状態にしておきながらも、一日のチャンスは数回とか、そんな具合がちょうど良いのではないかと。

また、チェック可能時間が例えば8時間あるならば、その8時間をどこの時間帯に当てるかでもパフォーマンスはまた変わってくるでしょう。

ロンドンタイムが始まる時間隊にトレードできるのかできないかとかは、大いに成績に影響しそうだし、ロンドンオープン~NY時間の8時間と、アジア時間からロンドン始まるまでとかの8時間ではまた採用するべき戦略も違うと思うし。

トレードにおいて時間帯って重要ですね~










スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。