6月のシグナル精度 - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月のシグナル精度

ども!たつのおとしごです☆

今日は私のトレーダーとは別の顔、ミュージシャンネタから♪

おととい日曜は、今度あるジャズライブのリハーサルに行ってきました^^

$誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ



毎年、メンバーとしてお誘いいただいているお仕事なんですが、平均年齢70位のダンディおじいちゃんのサックス集団が熊本にいまして(^^;)

かつては東京でプロとしてバリバリ活躍していた方々で、バンドリーダーの方は数々のビッグバンドに所属してメジャーアーティストのバックを勤めていた方です。

めちゃ古い番組ですが、「8時だよ!全員集合」でバックでビッグバンドが控えていて、演奏していた事は覚えている方は覚えていると思いますが、あれに出てたそうです。

「全員集合」は、当時は幼いながらに大好きな番組だったんで、それに演奏として出てた方と共演できるのは至極光栄な事でございます(笑)


さて、リハではその時に譜面を渡され、合わせます。

実は私は、コテコテのジャズ屋さんではないので、正直知らない曲のほうが多い(^^;)

でもなんとか自分なりに対応してます。

JAZZを演奏するのは好きなんですが、ジャンル的に決して得意分野とは言えないんです。

コアなジャズメンは深みが違いますので。。

でも、音楽は基礎として何処のジャンルでもそれなりのイメージは持っているので自分自身の色として対応できるし、楽しむことができます。

言うなれば、基本は大き目のPIPS狙いのデイトレ派だけど、スキャルもスイングもできるよって感じかなww

相場も音楽も、結構共通してる所もあって、それぞれに生かしてますわ(笑)

----------------------------------------------------------------------------------

さて、ブログでずっと記事にしてきた、「誰でもできる!非裁量トレード」ですが、

今日は、6月のシグナル精度を検証してみるって題材にしたいと思います。

実は今、これまでの完全順張りの手法に合わせ、逆張りの手法を取り入れるようになりました。

逆張りと順張りを併用するという概念は以前から視野には入れてたんですよ。

お互いの戦略同士でリスクをヘッジしあうことが出来たら最高だなあと。

でも常に両建てするようなものだと意味がないし、順張りと逆張りは相反するもので両立しようがないという事も言われます。。

だけど、一つの答えが出たのです。

「順張り、逆張り、それぞれがトータルプラスのトレードが出来ればいいのだ」

と。

うーん。なんか、

「はあ?」みたいに思う方もおられるかも知れませんが(^^;)

要するに、順張り戦略、逆張り戦略、それぞれ独立したトレードを行うだけです。

同一通貨内でも順張りと逆張りの併用。変なバイアスを持ってしまうなら、口座を別で行うと良いでしょう。僕は気にならない性格なので、同じ口座内で順張り逆張りを両立させてます。

時には思いっきり両建てですね。

この要領は、ドローダウンを軽減させる効果があることが分かりました。

同一戦略のみの採用は、

「相場つきが良いとが調子がいいはいいが、悪い波に当たっている時期は潔くDDを受け入れるしかない」

というサイクルは避けようがなかったりします。特に自分の場合はシステムトレードなので。。

(特に戦略というものを持たず、直感トレード系などはそういったサイクルはあまりないのかもしれないが)

しかし、基本的な順張り戦略の中に逆張り戦略を同時進行させる事によって、時にはヘッジし合い、時には力を合わせ、って関係になり得るのです。

もちろん、タイミング合わず、2つともコケる場合もありますが(^^;)

順張りはレンジ相場に弱いという局面があります。強烈な言って来いとか、たまりませんよね(>_<)

しかし逆張り戦略では言って来い相場は美味しい相場。激しい言って来いを繰り返す相場なんか往復でサインが出て大きな利益を上げられる事も多々アリなのです。

それらの法則的なものを考えると、順と逆の併用は、相場状況はそこまで選ぶ事無く、安定できる可能性が高いというわけです。

これは順張りと逆張りのパラドックスです!

パラドックスというのは、「逆説的な」とか、「矛盾しているけど真理を表わしている」という意味合いがあるのですが、まさにこの事なのかなと感じ、そのトレードに名前をつけてあげました^^

「Jun Gyaku Pladox Sterategy」

略してJGPS。(そのままですね藁)

順張りと逆張りという一見矛盾した、相反する戦略を同時進行させるパラドクスストラテジー。

大層ですが、以後、ヨロシク。。

------------------------------------------------------------------------------

という事で、早速、誰でもできる非裁量トレード、JGPS手法での6月検証をしてみました。

そして今までは5分足を採用してましたが、この手法は15分足で有効だという事が分かったので、

6月のユーロドル、15分足一本でのサイン実績を記録します。

決済は、リミット50Pストップ40Pの固定。順張り逆張り、1日においてそれぞれ2回リミットできたらその日は終了というルールの下での検証です。

(単位:Pips)

1日 +60      18日 -20 
4日 +100      19日 +10  
5日 +60      20日 +50
6日 +110      21日 +10
7日 +10 22日 -40
8日 +20      25日 +10
11日 +20      26日 +10 
12日 +150      28日 +50
13日 -30      29日 +10
14日 +100
15日 サインなし


順張り戦略 

勝ちトレード 15回 750pips
負けトレード  8回 320pips
最大連敗数 3

計 430pips

勝率 65%

PF 2.34


逆張り戦略

勝ちトレード 14回 700pips
負けトレード 11回 440pips
最大連敗数 2

計 260pips

勝率 57%

PF 1.59


トータル

勝ちトレード 29回 1450pips
負けトレード 19回  760pips
最大連敗数 2

計 690pips

勝率 60.4%

PF 1.9


-----------------------------------------------------------------------

一回の損失を2%のポジションサイジングとしても、最大ドローダウンは5.5%。

月間+690pips で月利34.5%。

まあ、あくまで全てのサインで、エントリーを行った場合の結果ですけどね。

もちろん、生身の人間がトレードする訳ですから、都合でエントリーできなかったり何やらでパーフェクトに対応できない事がある訳ですが、このルールでとにかくまとなトレードができるのは間違いないとは思っています。

-------------------------------------------------------------------------

15分足でのトレードなら、5分足と比べてだいぶラクに監視が出来る。

自分の生活スタイルとして、その方式を採用し、7月は一貫したフォワードテストを行いたいと思います♪

たつのおとしごでした^^













スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。