ファンダメンタルズ分析とトレード - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンダメンタルズ分析とトレード

トレードにおける価格分析には、テクニカル分析とファンダメンタル分析とがある事は皆さんの知っての通りだとは思います。


テクニカル分析は、チャート上で過去の値動きを元に、将来の値動きの予測を立てる分析法で、ファンダメンタル分析は、ニュースや、要人発言等を背景にした、経済情勢分析ですね。


ファンダメンタルが及ぼす為替の値動きは密接な関係にあるのは確かで、テクニカルだけでは値動きの根拠は語れないものがあるのは事実です。ですが、このファンダメンタルの早い情報を受け取り、即座にトレードに反映させるのもまた難しいものなんです。(指標トレードはまた別の要素がありますがそれに関してはまた後日~)


好悪入り乱れるニュースが飛び交う中で、為替に関するプロのアナリストでさえ、容易に予想は外してしまいます。そんな中、その手に関しては素人の私たちがファンダメンタル分析を武器にする事が果たしてできるのでしょうか??


私は、素人がたかだか持っている情報を元にファンダメンタル要素をトレード判断に加える位なら、それはいっそやめた方がいいと思うのです。


値動きの理由をファンダメンタルに求めた所で、どうにもならない事が多いのです。


各地で講演をするほどの有名アナリストでも、予想外れ、トレードで大損をしたという話もありますし、それ位、通貨トレードは難しいという事なんですが、それならば、ファンダメンタルを基本無視する、というのは語弊があるにしても、参考にする位の程度で十分だと思うのです。


太刀打ちできないファンダメンタルを分析する位なら、現在進行形の値動きに合わせていくトレードを追求していった方が効率が良さそうですよね。


僕はレートが上がろうが下がろうが、その値動きについていくのみとしています。値動きの理由を知る必要は僕にはないです。


でも、せっかく通貨トレードに取り組んでいるのだから、経済情勢にも参考程度に詳しくなっておいた方がプラスだとは思います。


僕もファンダ的要素、ちょこちょこ勉強したりはしていますが、トレード技術とは別の次元だとは思っておりますです。


チャンチャン♪






スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。