コツコツどっかーん! - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コツコツどっかーん!

このブログのタイトル中にもあります、「コツコツドカン」。


トレードしている人なら誰しもが経験する道でしょうか(^^;)


トレードで負けている人の王道的負け方、コツコツドカン。


小さい利益の積み重ねを大きい損切りで、その積み重ねを吹っ飛ばしてしまうというヤツです。


「今までの苦労が水の泡。。。」


そう思えば思うほど損切りが遅れる、あるいはストップをずらしてしまい、含み損がシャレにならない位に増えて、泣く泣く損切り。 今までの利益を吹っ飛ばす位ならまだ良し、立ち直れないほどの損失が出てしまえばもう目も当てられません。。


どうしてそうなってしまうのでしょうかドクロ


トレードというものは直感のみで行っていると、どうしてもそうなる仕組みになっているのです。


少し含み益が乗れば、逆行が怖くなり、すぐ利益確定してしまう。その割には、含み損が乗ってしまうと「損をしたくない」という思いに駆られて、損切りをしない。


その結果、短期では小さい利益が積み重ねられ、口座残高が少しずつ増えていくという現象が現れたりします。


相場の70%は動いては戻ってくる”レンジ相場”だと言われています。タイミングが良ければ、損切りをしないようなトレードでも高い勝率を納められたりするのです。


「俺はスキャルピングの才能があるかも」


なんて勘違いを起こしてしまったが最後。損切りしないトレードはやめられなくなってしまいます。


やがて、シャレにならない逆行が必ず訪れます。コツコツどっかーん!!と大損してしまう訳ですね。


「俺にはトレードの才能がないかも・・・」


なんて、才能がないとか、そういう問題以前の話ですね。大損して当たり前の行動をした結果なので、自明の理というものです。


「含み益が乗れば早く利益確定してしまいたい」それが人間の感情。


「損したくない」それも人間の感情。


トレードで長期的に利益を上げるには、それらのトレード中にどうしても起こってしまう感情を乗り越えなければならないのです!!


どうしても勝てない人は、いわゆる、「負け組み感情」の撤廃が急務なんですねあせる


負け組みの感情を撤廃するには、実戦取引の上で得る経験を積む事もいい方法ですが、良書を読む事で思考を深めるのも良いプロセスです。


確かに、優位性のある売買手法を確立する事、その手法のブラッシュアップに務める事も大事ですが、手法ばかりに囚われていると、その手法を生かせないのです。


いわゆる、トレードメンタルの鍛錬、確立ってヤツですよ。


僕はこの本でトレードメンタルについては勉強しました。


あらゆる投資系ブログでも紹介されている良書です。


マーク・ダグラス著 相場心理学入門 「ゾーン」ですひらめき電球

ゾーン ― 相場心理学入門

新品価格
¥2,940から
(2012/1/3 18:04時点)


超!お奨めです!! てか、勝てるトレーダーになりたいなら持っておかねばならぬバイブルと言っても過言ではないでしょうアップ


結構難しい表現もありますが、何回でも読んで、筆者の意図を汲もうとしてください。


この本で、いかに勝てるトレードにはメンタルが必要かというが理解できます。それから手法の確立に取り組んでも遅くはありません。


まだ持ってない方、今すぐ購入をお奨めします音譜




スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。