- 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-----------------------------------------------------------------------

誰でもできる!非裁量メソッド、スカイプで習ってみませんか??

裁量要素なしにしてのハイパフォーマンス!

勝てない裁量はもうやめましょう!!

ロジック開発者として、このトレード法の確立は快挙に感じております^^

FXはとにかく正しい事を仕掛け続ける事が極意!

利益を残すためのトラップを何層にも重ねている、素晴らしいポートフォリオトレード法です♪

詳細はメニューボタン「スカイプレッスン」からどうぞ^^


---------------------------------------------------------------------------

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しております。

ご面倒とは存じますが、よろしければ日々の1クリックにご協力頂ければありがたき幸せにございます^^


------------------------------------------------------------------------------

ども♪たつのおとしごです!

クロス円、いい感じに戻してきてます。

このエリアから反発すればまたショートサイン点灯となりそうですが、どうなります事やら・・・

--------------------------------------------------------------------------

今日のタイトル、「大きな発見」という事ですが、何が発見なのかと。。

当方がレクチャーしている手法の真骨頂は、4H、1Hのデイトレ・スイングトレードです。

なるべくスキャルなんかはしたくない。

でも、一日に短いトレード時間しか持てない方には、どうしても効率の悪いスキャルで対応してもらうしかない現実があって、そこは一つの課題点でもありました。


だって、やはり長い時間軸でのトレードの方が圧倒的に有利ですもん。


そこを短いトレード時間では対応ができない。

一日に5時間しかトレードできない人は、1H足であれば一日に19本分のチェックが出来ないということであり、それイコール、1H足でのトレードには再現性がないという事になります。


と思ってたんですが。。。


---------------------------------------------------------------------------

ところがどっこい。相撲はドスコイ!(失礼しました。。)

例え1日5時間トレードでも、長い時間軸トレードに対応させる事は可能である事を発見しました。

取引時間外にサインが出ていても、取引時間に入った時にはその値位置よりも有利方向にレートが進んでいるという現象は意外に多く、その時はその有利位置から即座にエントリーすれば良いし、もしサイン位置から相場が巡行していても、まだリミットに到達していない場合は指値でエントリーポイントまで戻るのを待ち構えることも出来る。

それで指値が引っかかればその過去対応できなかった分のサインを復元できるわけだ。

そう。

「サインの復元」

です。

不利位置から指値エントリーによってそっくり復元できるときもあれば、はるかに有利位置からエントリーできもある。

もちろん、対応できなかったサインが、リミットまで到達する事もありますけどね。

その時は対応できなかったとして、その利益は逃すしかないですが。。

-----------------------------------------------------------------------

その要領で一ヶ月分を検証してみましたが、面白いことを発見しました。

その一ヶ月間に関しては、まともにサインを拾うよりも短時間対応の方が結果が良かったのです。


うーん。この発見は私にとっては快挙ですね!


夜しかトレードできない人にもしっかり長期時間軸トレードに対応する事ができるようになったんですから♪


ノウハウとして、かなりクオリティが上がったような気がします^^


それでは今日はこの辺で・・・

スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。