長谷川式非裁量メソッド、どんな手法? - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川式非裁量メソッド、どんな手法?

長谷川式誰でもできる!非裁量メソッドとはどんな手法か。

気になる方もいらっしゃると思いますので概要を説明しておきます。

まずトレードイメージを図解したものをご覧下さい。

$誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

「こんなトレードができたら最高だ・・・」

って思いませんか??(笑)


当方がレクチャーしている手法の基本は、

「押し目買い、戻り売りに徹したトレンドフォロー」
です。

なぜ押し目買い、戻り売りが有効なのかというと、大口(機関投資家)が動きやすいポイントだからです。

買い(ロング)トレンド中であれば下落してきたポイントに買い圧力がかかりやすく、
売り(ショート)トレンド中であれば上昇してきたポイントに売り圧力がかかりやすいのです。

最もエントリーに有利な部分を狙い撃ち、それをひたすら繰り返す事に優位性があります。

この押し目買い・戻り売り、トレードのテクニックにおいては既に常識化されているのですが、
いざ実践してみるとこれがなかなかうまくいきません。

人間の感覚で、押し目、戻りと疑われるポイント全てエントリーしてしまえば、上手く行くところももちろんあるでしょうが、ロスカットの嵐に遭う場面も容易に出てきてしまいます。

押し目、戻りにも更に振るいに掛け、エントリーポイントを絞っていく必要があるのです。

負け組み大衆投資家は、その効率的なエントリーポイントの限定の仕方が分からない方が多いのです。

もちろん、大きく動くところは絶対に逃さないタイプの単純すぎるロジックでは総じて利益を残していくのは難しいのです。

ラインブレイク法、MAのクロスでのトレードなどはそれに当たります。

確かに感情に振り回されるトレードよりもマシかも知れませんが、やはり単純すぎるトレード法では残る利益はごく僅かとなる事は、そのトレードモデルでの過去検証をしてみれば分かります。

もっと、利益を残す工夫をしないと駄目なのです。それでいてシンプルなトレード法。

長谷川式非裁量では、複数のインジケーターにより、シンプルに判断していきます。故に、誰でもできる簡単トレード法なんですね。

実践するのは簡単ですが、このトレード法を構築する過程にはそれなりの努力はしましたよ(^^;)

あと、決済には、分割決済・トレーリングストップを採用しています。
これにより、利益が伸びきらなかった値動きに対応し、
且つ、大きく動く所は勝ちきるというトレードが実現します。

優位性のあるエントリーポイントを抽出すると共に、その後のアプローチにより、利益を残すトレードへの優位性を更に高めています。

図解の1回目買いエントリーは、第1ポジション利益確定後反落し、
第2ポジションは建値決済で終わっています。
その後トレンド続行で再び買い方向へ推移を始めますが、
そこでまたエントリーサインが発生しています。

値動きによっては、建値決済後、
そのまま短期トレンド続行で流れが変化していく場合ももちろんあります。
トレンドフォローの天敵、レンジ相場においてのリスクを低減させるテクニックが、
この分割決済・トレーリングストップです。
メンタル対策にもなりますね。
スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015-05-29 09:10 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。