本日は勝ちきらなければいけない相場。。 - 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は勝ちきらなければいけない相場。。

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しております。

ご面倒とは存じますが、よろしければ日々の1クリックにご協力頂ければありがたき幸せにございます^^


---------------------------------------------------------------------------

ども!たつのおとしごです♪

今日は大きくロングに動きました☆

トレンドフォロー型ロジックにおいてはこんな日に勝ちきらなくてはいけません。

ユロドル、オジドル、2通貨合計で+142.6pips。

今週は動き悪く、肝心なところも当てはまってくれなかったりで木曜まではロジック的には苦戦を強いられていましたが、週末しっかり取ることが出来ています☆


「誰でもできる!非裁量トレード」

今週の成績(9/3~9/7)

  EUR/USD  AUD/USD

3日 -1.9       -30
4日 -6.9       +28.7
5日 -5       -2.4
6日 +12.4     -28.4
7日 +82       +60.6

9月度現時点でのトータル +129.3pips

---------------------------------------------------------------------------

今のロジックは損小利大をかなり意識しており、エントリー回数も平均4~5回と言ったところ。

平均損切り幅は8.6pipsでした。

ちなみに平均利益幅は19pips。

損切りがタイトで尚且つエントリー回数も限られているということは、DDの軽減に繋がる訳です。

トレードで肝になるのは、エントリーポイントだけではありません。

良好なリスクリワード比を保つという要素も誠に大事です。

エントリーが正しくても、チキン利食いや損切りが遅れたりすると、言わずもがな、損益バランスは崩れてしまいますね。

正しい損切りを淡々と行いながら、勝ちきるところは勝ちきる。

これはすごく大事な事だと思います。

今は損切りを直近高安+5Pにしているので、1回の損切りのダメージはメンタル的にも資金的にも軽いです。その分、勝率は低くなるのですが、要は利益の残り方を重視する中で、良い設定が出来ていると思っています。

-----------------------------------------------------------------------------

話は変わりますが、どこぞのブログで、一般的なインジケーターを使うトレードを否定するような記事を見ました。

「平均足は使えない」

「一般的なテクニカル指標は実際のプライスに対して遅行性がある時点で実践では使えない」

とか。


うーん(^^;)

僕は平均足がなければ自分のトレードはできません。

遅行性があるからメリットがあるという考えもあります。

なぜ遅いとダメだとか言うのか。

遅れて出るのがトレンドフォローであるとも言えます。

遅いも早いも、合理的な戦略の上であればOK。

一般的なテクニカルを使って勝っている人はたくさんいると思うんですけどね~


そんなもっともらしく、一般的な指標を使ってのトレードを否定されては、これから勉強しようとする人を惑わす事にもなると思うんですよ。

まあその方はご自身の信念において、迷える人々を正しい道へ導きたいのでしょうが。。

----------------------------------------------------------------------

もうネタバレしてますが、そのブログとは、

「アフィリエイト無しで~」

で検索すると一発で出てくるので、興味がある方は見てみて下さい^^

いやー、ホント、管理人さんの知識には敬服するどころか、軽く落ち込みます(笑)

自分はなんて無学なんだと(^^;)

でもその位、トレーダーなら知ってて当然の事なんですって^^

海外の情報も駆使されていて、ホントすごい。

彼曰く、英語圏での情報を拾っていくのは当たり前で、必然的に英語はマスターするべきだと。。

イカサマ情報商材販売元、イカサマアフィリエイターを撃退するべくサイト活動されていて、

その方のレビューするFX商材のほとんどが「検証以前の問題」と一蹴されています(笑)

気持ちは分かります。 FX商材界も嘘っぱちが横行している世界ですからね。

しかし、そのサイトで「検証する価値さえない」とされている商品でも、購入者にとって大きな成長の糧となるものはゴロゴロしていると思うんですよ。例え、商材手法そのままでは使えないにしても、大きなヒントがあったりと。その要素を生かして自分のトレードに取り入れればよい。

実際私は、商材で勉強したからこそ今の自分のトレードがある訳だし。。

----------------------------------------------------------------------

といって、そのブログ主さんを否定しているのではありません。

彼も自分のスタイルを築き上げた大変レベルの高いトレーダーである事でしょうし、

闇なる情報商材界に渇を入れるべくの姿勢は大変立派なものですし、尊敬します。

でも、そのような情報もまたフラットな目線で私たちは見なければいけません。

100人トレーダーがいれば100の手法が存在します。

一般的なインジケーターでトータルプラスを実現している勝ち組トレーダーは必ずいるわけで。

私は、「Bloomberg TV」を英語も分からないのに一日見ているよりも、

真摯にチャートに一日向き合って、検証する方している方がよっぽど力になると思っています。

「インジは実践では使えない」

と言われているのであれば、どう使えないのか。そこまでも自分で確かめてみないと。

僕は単純に移動平均線のGC、DCだけのトレード、平均線が2本の場合と3本の場合とどういうトレード結果の違いが出るのかを、1H足で2年分手作業で検証したりもしましたよ。

そこまでして、やはり平均線のGC、DCだけでは優位性的には弱いかなーというものが分かる訳で。

押し目買い、戻り売りをシステム的に処理するには??

最終的にはそこに着目し、システムを設計しました。

ごく一般的な指標を使っているにも関わらず、期待値高いですよ~

「インジケーターは使えない」

そんな言葉を鵜呑みにするべきではありません。

しっかり自分で検証した上でそういう判断をするならOKですけどね~

------------------------------------------------------------------------------

はー 長くなった(^^;)

値よ値よ。

いや、寝よ寝よ。








スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 誰でもできる!勝てる非裁量トレードで稼ぐ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。